出版社総合管理システム i-TOPICS

i-TOPICS 出版各業務との連携イメージ

i-TOPICS 出版各業務との連携イメージ 直販管理システム 原価管理システム 直販管理システム 在庫管理システム 販売管理システム 出版倉庫向けシステムはこちら 広告管理システム 予算管理システム ワークフロー 定期購読読者サービス マイナンバー

i-TOPICS システムの特長

出版社には出版社のためのシステムが必要です。

出版社の規模・業態に係わらず柔軟に対応

売上、請求、入金管理。発注、仕入、支払管理から仕掛管理、原価管理、棚卸管理。会計連携にいたる業務はすべての出版社様での共通業務です。
弊社システムはそのような出版社様の「業務」を標準化いたしました。また、総合出版、専門出版、雑誌出版、教科書出版等様々な業態の出版社様で運用されています。

業務の手順、流れに沿ったシステム

業務別にサブシステム化されているので部門内での標準化、運用の正規化が容易に実現します。
また。サブシステム単位での導入が可能ですので、自社にあった段階的な導入・運用が可能となります。

月次決算の実現

損益、商品利益、売上動向、入金予定等は、早急に把握すべき要件です。
弊社システムは、日常の業務の延長線に月次決算が存在します。日次業務の流れがそのままに月次業務へと拡張します。
最小の手間と労力で効率化を図りスピーディな月次決算を実現します。

最小導入コストで最大効率の実現

弊社システムは、出版社での必要業務を標準装備しています。
さらに貴社で必要とされる業務にマッチしたサブシステム、オプションシステムより選択していただけます。
短期間、低コストでのシステム導入を実現します。もちろん、業務プロセスに応じた決め細やかなカスタマイズの対応も可能です。

出版社での標準が本当の標準になります。

特長1

委託倉庫会社とのデータ連携や出版VAN、外部得意先様でのデータ連携にいたる外部インターフェースを装備しています。

特長2

全サブシステムから目的に応じた必要なデータをCSV型式で出力可能です。

特長3

業務目的に応じたカスタマイズが可能。経験豊富なスタッフがあらゆるニーズにあわせたシステムを実現します。

特長4

ID、パスワード管理。ユーザー権限の管理を実装しています。標準的なセキュリティー管理を実現します。

動作環境

■DBサーバ
Windows Server2016
Windows Server2012R2
Windows Server2012
Oracle Database 12cR2
Oracle Database 12C
Oracle Database 11g R2

■ハードディスク(DB)
Oracle Database 用領域10GB以上

■クライアントOS
Windows10
Windows8.1
Windows7
Oracle Database Client 12cR2
Oracle Database Client 12c
Oracle Database Client 11g R2

■ハードディスク(クライアント)
Oracle Database Client用領域1GB以上
i-TOPICSシステム用の領域50MB以上


アクセスポイント:ページの先頭へ戻る