i-TOPICS在庫管理システム

在庫管理システム 主な特長

販売、直販、定期管理との連動によるリアル在庫と出荷可能在庫の管理及び月末在庫管理が可能。出版業に必要な「良品」、「返品」、「改装品」、「不良品」の各ステータスごとの在庫数管理にも対応。

販売管理、直販管理、定期管理での伝票処理と完全連動

販売管理システム、直販管理システムとの自動連動では、納品伝票入力=出庫伝票(良品からの出庫)という形式で管理します。返品伝票入力=入庫伝票入力(返品への入庫)等、リアルタイムでの自動化を実施し、自動入庫、自動出庫としています。

在庫管理専用伝票入力処理

「在庫管理システム」では販売管理システムとの自動連動を実施します。売上に係わらない商品のみ、伝票処理として対応しています。売上が伴わない商品のみの伝票処理には、「入庫伝票入力」、「出庫伝票入力」、「倉庫移動伝票入力」を実施します。諸在庫管理表への対応が可能です。

棚卸処理

「在庫管理システム」では、倉庫・商品別に良品、返品、不良品、改装品に対し実施されます。 外部での棚卸データ取込用共通プラットフォームを実装し、停滞のない在庫管理を実現します。


主な機能

入庫伝票入力

納品伝票入力

新刊の「生産入庫」伝票、改装品から良品入庫等商品のみの入庫処理を実施します。

移動伝票入力

返品伝票入力

主に倉庫間での商品移動を実施します。


商品棚卸入力

請求データ作成

倉庫ごとに良品、返品、不良品、改装品へ棚卸処理を実現します。


システム概要

在庫管理 販売系納品・返品伝票入力で「良品出庫」「返品入庫」が自動処理されます。売上を伴わない場合、倉庫間移動伝票入力等で有効な在庫を実現します。
棚卸処理 倉庫別に良品、返品、改装品、不良品 ごとに棚卸処理を実行します。ハンディーターミナルとの商品情報連携、棚卸更新が可能となります。在庫管理システムは「棚卸用共通インターフェース」も実装しています。

オプションシステム

ハンディーターミナル棚卸連携 利用方法、棚管理の実施等導入には十分な事前協議が必要です。