i-TOPICSi-TOPICS BI

i-TOPICS BIとは

i-TOPICS BI

i-TOPICS が経営の意思決定を助けます。
日常業務で蓄積された膨大なデータを「i-TOPICS BI」が可視化。
必要なデータを引き出しレポーティング、営業戦略等分析に活用して様々な意思決定に貢献します。

※BI = Business Intelligence

i-TOPICS BI 主な特長

リアルタイムでのデータ確認

各システムで入力したデータを必要な情報にリアルタイムで加工して表示が可能です。

誰でも閲覧可能

WEBブラウザでの閲覧になる為、パソコンに特別なセットアップをすることなく閲覧することが可能です。
また、閲覧者によって権限を加えることも可能です。


データ加工内容を保持可能

クライアント毎に加工したグラフなどの内容を保持することが可能です。
保持することにより、毎回処理することなく処理を呼び出すことで瞬時にほしいデータを確認することが可能です。

表示データの出力が可能

画面に表示したデータをCSVにて出力することが可能です。
出力可能なことにより複雑な加工をEXCELなどで行うことが可能となります。
※出力機能を止めることも可能です。


主な機能

列の操作

列の操作

明細列の並び、表示の有無、列幅の調整の設定を行います。

フィルタ

フィルタ

一覧表示されるデータに対して表示条件の設定を行います。


データの操作

チャート

データの「ソート」、「集計」、「リフレッシュ」、「フラッシュバック」の操作を行います。

チャート

チャート

一覧表示されたデータを「棒グラフ」や、「円グラフ」などのチャート表示する設定を行います。


レポート保存

レポート保存

自分が作成した集計などを、保存を行います。

ダウンロード

ダウンロード

一覧表のデータを「CSV」で出力します。


あらゆるデータの抽出が可能

出版総合管理システムi-TOPICによって蓄積された様々なデータを任意選択して抽出することが可能です。
サブシステムを超えたデータの可視化を実現します。

Excel で手集計することはない

会議など報告するために基幹データを寄せ集めてエクセルで編集するといった煩わしさから解放されます。
ボタン一つでデータを抽出、集計を実施、瞬時にレポートを作成します。

作成したレポートは常に最新

日々変化するビジネスデータの最新データを抽出するため、アウトプットされたレポートは常に最新。
リアルタイムなレポーティングをサポートします。

i-TOPICS BI

i-TOPICS BI

グラフ等ビジュアル化

目的に合わせて取得されたデータをグラフ化することで直観的に判断が可能な視覚化を実現します。
エクセルでは手間であったデータのビジュアル化を簡単に実現します。

WEBレポーティング

WEBブラウザーのみで利用可能です。
i-TOPICSシステムのクライアントソフトのインストールは不要です。

モバイルも利用可能

モバイル用アプリケーションにも対応。
スマホやタブレットといったモバイルでもi-TOPICS BI を利用可能です。


出力例

i-TOPICS bi出力例 i-TOPICS bi出力例 i-TOPICS bi出力例

※i-TOPICS BI に関する仕様、費用につきましては要件定義で確認いたします。