万全のセキュリティーを確保

物理ストレージにマイナンバーを保管

著者マイナンバーの物理的安全管理を実現します。

出版社は著者への印税の支払等で著者のマイナンバーの取得が必要となるほか、マイナンバーの取り扱いにあたり、物理的な安全管理が求められます。i-TOPICSでは、物理ストレージを活用し基幹システムとは独立したマイナンバー管理を実現します。

マイナンバー管理システムセキュリティー対応

マイナンバー管理システムでの管理者権限

「マイナンバー管理システム」は「原価管理システム(購買)」との連動を実施します。原価管理システム(購買)とは独立したサブシステムとなります。システム固有の権限を管理します。

マイナンバー管理者の接続管理

「マイナンバー管理者」の担当範囲等の管理及びシステム上の「フォルダアクセス権限」によりネットワークからの他の担当者からのアクセスを回避します。またマイナンバー管理者のマイナンバー登録、削除等のログが管理されます。

マイナンバーマスターのハッキング対策

マイナンバーは「マイナンバー管理ID+マイナンバー」として弊社独自の暗号化処理により外部からの認識が不可能となります。さらに「物理ストレージ(AES256bit)*」を利用することでトリプルのセキュリティー管理が実現できます。

マイナンバーマスターのハッキング対策

「マイナンバーマスター」はマイナンバー管理システム」でのユーザー設定により外部記憶媒体での対応が可能です。例えばセキュリティー対応された「物理ストレージ」等を運用することによりシステムを利用しない場合には接続を解除し「金庫」等への物理的保管が可能となります。

※お客様のセキュリティー環境により利用できない場合がございます。

マイナンバーマスターのハッキング対策

唯一の「マイナンバーマスター」はユーザー指定によるバックアップ管理が可能です。システム終了時に設定されたドライブにバックアップが実行されます。


*AES256bit:米国商務省標準技術局によって選定された米国政府の標準暗号化方式です。日本政府も推奨する暗号化方式です。

マイナンバー管理システムの連携イメージ

マイナンバー管理システムの連携イメージ

資料請求・お問い合わせはこちら

アクセスポイント:ページの先頭へ戻る